一般葬・家族葬・社葬などがある

喪服の男女

札幌市内で考えられる葬儀の種類には、一般葬から家族葬、密葬や直葬、そして社葬と合同葬があります。一般葬は長らく行われて来た葬儀ですが、親族や遺族だけでなく友人・知人、職場関係から近所付き合いのある人など数多くの人が参列して行われて来ました。しかし社会環境の変化や亡くなられる方が高齢化したことから、多くの人と共に葬儀を行うことが出来なくなって来ました。また大家族主義時代も終わり、核家族化したことで家族が別々に暮らすことが多く、葬儀を行うにも少ない時間で行いたいと考える人も増えて来ています。更には多くの人に参ってもらうには大きな会場が必要になるなど、出費を心配するケースも多くなりました。参列する人が少なくなったことや費用の面から、一般葬を行う遺族も少なくなって来ています。

家族葬が人気

数珠

少なくなった一般葬の代わりに多く行われるようになったのが家族です。家族葬とはその名の通り、家族だけで行う葬儀のことで、身内と親族だけで行います。多くの人に迷惑などをかけることがなく、ごく小さな会場で行うことが出来ることから、高齢化社会には向いた形となっています。また膨大に膨れてしまった葬儀を費用も抑えることが出来、遺族負担も少なく済むことにもなっています。そして札幌市内で行う社葬・合同葬ではいずれも企業がらみとなり、家族の意思だけで行うことになりません。特に社葬は企業側が全責任持って行いことになり、合同葬は遺族と企業が合同で行うものとなっています。

遺体搬送を自分では出来ない

線香

札幌市内で家族の方が亡くなられた時、真っ先にしなければならないことが葬儀社を決めることです。日本社会では葬儀社がなくては、葬儀に対し何も進めることが出来ないと言って良いからです。家族の方が病院で亡くなられた時には、自宅や葬儀場まで運んでもらうことになるため、出来るならば早めに葬儀会社を決めておくことが良い方法になります。息を引き取ることは夜中などになるケースも多く、時間的な余裕や精神的な余裕もないなどの理由からも、先に決めておくと良いと考えられます。

担当者と綿密な打ち合わせを

女性

遺体の搬送が終わった時から、いろいろな作業が待ち受けて来ます。経験したことがないと言う人も多いことから、葬儀社のいいなりになってしまうケースも見られます。ですがこの打つ合わせが非常に大事なことになりますので、遺族側の意見をしっかりと届けるようにします。葬儀会場を決めること、人数、宗派などの基本となることを決めつつ、親戚や知人への連絡も行うことになります。この時、予算をしっかりと伝えることも大事になりますので、費用を葬儀社に任せ放しにしないようにします。家族の方が札幌市内だけでなく遠隔地に住むことで、葬儀日程に影響も出て来ることから、早めの連絡が必要にもなって来ます。その後の式が滞りなく式が進むよう葬儀社と綿密な打ち合わせをしておきましょう。

広告募集中